住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 青銅器 > 虎卣(こゆう)

虎卣

商時代後期 前11世紀
高35.7㎝

大きな口を開けた虎が後脚で立ち、人間を抱きかかえている。釣手をもつ酒を入れる器である。虎の頭上に鹿が立っているが、これが蓋のつまみで、ここから酒を出し入れする。

中国商周時代の青銅容器は、神を祀る祭器として使用され、そこに表されたモチーフは、天の神々や神の使いを具体化したものといわれている。この虎も縞模様はなく、体の背面や側面に龍や饕餮といった様々な動物形神が描かれ、神虎という特別な存在にふさわしい。


青銅器一覧

夔神鼓
虎卣
鴟鴞卣
匽侯旨鼎
螭文方炉