住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 中国絵画 > 重文 盧山観瀑図

重文 盧山観瀑図
重文 盧山観瀑図

石濤  清時代 17世紀
絹本墨画淡彩 縦209.7㎝ 横62.2㎝

石濤(1642~1707)は、明の王室出身で明滅亡の動乱期に出家、成長後、多くの文人と交わり、江南地方を遍歴して独特の画風を生み出した。その山水画は中国画の伝統を一変させたともいわれ、後世に大きな影響を与えた。 これは石濤の数少ない大作で、仙遊の舞台となった廬山を雄大に描く。北宋の画家郭煕に触発されながらも、実際に見た廬山の印象をもとに自分の画法で描いたという。淡墨と淡彩を重ねた諧調には、色彩の画家ともいわれる石濤の天分が遺憾なく発揮される。


中国絵画一覧

国宝 秋野牧牛図
重文 安晩帖
重文 黄山八勝画冊
重文 黄山図巻
重文 盧山観瀑図
花卉雑画巻