住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 日本絵画(近世以前) > 重文 佐竹本三十六歌仙絵切 源信明

重文 佐竹本三十六歌仙絵切 源信明

伝藤原信実  鎌倉時代 13世紀
紙本着色 縦35.7㎝ 59.3㎝

もと2巻の巻物で、秋田佐竹侯に所蔵されていたため「佐竹本」と呼ばれる。佐竹本は三十六歌仙絵のなかでも現存最古で、自然で豊かな人物描写は鎌倉時代に流行した「似絵」の系譜につながる。 源信明は平安中期の官人で、おおくの女性と交わした和歌が伝えられる。ここではうつむき沈んだ様子で、細線を引き重ねた表情からはさまざまな思いが読みとれる。


日本絵画(近世以前)一覧

重文 佐竹本三十六歌仙絵切 源信明
重文 是害房絵巻
重文 布袋図
二条城行幸図屏風
梅図屏風
海棠目白図