住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 日本絵画(近世以前) > 二条城行幸図屏風

二条城行幸図屏風
二条城行幸図屏風

江戸時代 17世紀
紙本金地着色 六曲一双 各縦150.6㎝ 横360.8㎝

寛永3年(1626)9月、上洛中の徳川秀忠、家光の招きに応じ、後水尾天皇が二条城に行幸する様子を描く。画面は上下二段に分割され、下段では左の内裏へ天皇を迎えに参内する中立売通の将軍ら武家の一行、上段では右端の二条城にむけ堀川通を進む天皇の一行が粛々と進む。一方、沿道ではおびただしい観衆が浮かれ騒ぐ。金地に上質の顔料で行列や風俗を細密に描き込んだ画面は、行幸の華美や喧噪を鮮やかに伝える。やまと絵系の画家によって行幸から遠くない時期に制作されたと考えられる。

日本絵画(近世以前)一覧

重文 佐竹本三十六歌仙絵切 源信明
重文 是害房絵巻
重文 布袋図
二条城行幸図屏風
梅図屏風
海棠目白図