住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 日本絵画(近世以前) > 海棠目白図

海棠目白図
海棠目白図

伊藤若冲  江戸時代 18世紀
絹本着色 縦139.0㎝ 横78.9㎝

花盛りの四手辛夷(シデコブシ)と海棠。枝には身を寄せあう「目白押し」の仲間たちをよそ目に、瞑目するかの目白が一羽。伊藤若冲(1716~1800)は京都錦小路の青物問屋の主人だったが、絵に深く傾倒、40代で家業を譲り制作に専心した。鶏図をはじめとする濃彩の花鳥画や水墨画で異彩を放った。実物の観察を重んじた若冲らしく目白独特の生態に着目した本図は、鳥類を多く描いた彼の作品中でもとりわけ愛らしく、小鳥への素直な共感が感じられる。落款から代表作《動植彩絵》に着手する前後、40代前半の作と考えられる。

日本絵画(近世以前)一覧

重文 佐竹本三十六歌仙絵切 源信明
重文 是害房絵巻
重文 布袋図
二条城行幸図屏風
梅図屏風
海棠目白図