住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 日本書跡 > 寸松庵色紙

寸松庵色紙

平安時代 11世紀
縦13.1㎝ 横12.9㎝

もとは『古今和歌集』を書写した冊子本で、江戸初期の武将茶人佐久間将監がその断簡を愛蔵し菩提所の大徳寺寸松庵に伝来したため、一連のものを寸松庵色紙と呼ぶ。仮名が完成した平安時代中期の作で、継色紙・升色紙とあわせた「三色紙」は仮名古筆の白眉とされる。

これは月夜の嵯峨野で鹿の声に感じる秋の気配を詠んだ紀貫之の歌。緩急自在の筆運び、計算しつくされた余白で、小さな方形に能書ぶりが遺憾なく発揮される。


日本書跡一覧

寸松庵色紙
石山切
仮名消息
熊野懐紙