住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代日本画 > 青緑西園雅集図

青緑西園雅集図

村田香谷〔天保2年(1831)~大正元年(1912)〕  明治37年(1904)
絹本着色 縦219.3㎝ 横116.7㎝

博多に生まれる。貫名海屋に師事、南画を学ぶ。安政元年長崎に遊学、日高鉄翁に入門するほか、木下逸雲、徐雨亭らにも教えを受ける。中国に三度渡り、張子祥、胡公寿に学んだ。内国勧業博覧会、内国絵画共進会で受賞。日本南画会設立に参加、大阪に移住、関西南画壇の重鎮として活躍。

宋代の文人貴族、王晋卿の西園で催された雅集 ― 王晋卿・蘇東坡・蔡天啓・米元章・円通大師ら16名が参集―を描いたものである。米元章が『西園雅集回記』を記してから好画題となった。


近代日本画一覧

青緑西園雅集図
春秋山水
堅田の一休
寿老人
柳桜図
スオミ