住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代日本画 > 春秋山水

春秋山水

橋本雅邦〔天保6年(1835)~明治41年(1908)〕  明治37年頃(ca.1904)
紙本墨画 六曲一双 各縦157.4㎝ 横386.2㎝

江戸木挽町の狩野晴川院邸内に川越藩御用絵師・橋本晴園養邦の子として生まれる。狩野雅信に入門、1年先に入門した狩野芳崖と共に龍虎と称された。塾頭となり、内国絵画共進会で受賞を重ね、アーネスト・フェノロサ等が創設した鑑画会でも活躍。明治21年東京美術学校雇、22年同校教諭、23年同校教授、帝室技芸員。パリ万国博覧会、セントルイス万国博覧会で受賞。31年東京美術学校騒動で岡倉天心に殉じて辞職、天心と共に日本美術院を創設、主幹となる。狩野派最後の巨匠として活躍。門下に横山大観、下村観山、菱田春草、西郷孤月、川合玉堂等の俊英がいる。

「春」はやや俯瞰視した構図で、湖畔には梅と湖水を眺める高士が描かれ、「秋」は水平視しており、左側の山並と溪流が画面奥へと誘い、水墨画の魅力に溢れた作。


近代日本画一覧

青緑西園雅集図
春秋山水
堅田の一休
寿老人
柳桜図
スオミ