住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代日本画 > 柳桜図

柳桜図

木島桜谷〔明治10年(1877)~昭和13年(1938)〕  大正6年(1917)
絹本着色 六曲一双 各縦179.0㎝ 横363.2㎝

京都に生まれる。明治26年今尾景年に師事。40年第1回文展に「しぐれ」で初入選、2等賞を受賞、第2回文展2等賞、第3回文展3等賞、第4回文展3等賞、第5回文展2等賞、第6回文展2等賞と破格の受賞成績を残した。第7回文展で審査員となり、以後、しばば審査員。大正7年京都市立絵画専門学校教授。円山・四條派の写生主義に西洋近代絵画の写実を融合、また日本絵画の装飾性を生かした典雅な作風が特色。

新緑の柳と満開の桜は好画題として古くから描かれてきたが、本図は6曲1双の金地の大画面一杯にそれを埋め尽くすように柳桜が装飾性と写実性を融合された状態で表現されており、近代的な琳派の感覚と言える。装飾性ゆえに桜の花びらは全て正面を向きその美しさを大らかに謳い上げ、新緑の柳の葉は金箔と映え合い、さらに桜の花びらの白色と色彩の交響曲を奏でている。京都画壇の雅な感性も感じられる。


近代日本画一覧

青緑西園雅集図
春秋山水
堅田の一休
寿老人
柳桜図
スオミ