住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代日本画 > 堅田の一休

堅田の一休

平福百穂〔明治10年(1877)~昭和8年(1933)〕  昭和4年頃(ca.1929)
紙本墨画淡彩 縦114.4㎝ 横112.2㎝

日本画家・平福穂庵の子として秋田県仙北郡角館町に生まれる。穂庵から四條派の基礎を学び、明治27年川端玉章に師事。32年東京美術学校を卒業、翌年結城素明らと无声会を結成、写生主義を唱え、西洋画の写実を学ぶ。大正3年第8回文展「七面鳥」で琳派の装飾と写実を融合。5年素明、鏑木清方、吉川霊華、松岡映丘と金鈴社を創設。昭和5年帝国美術院会員、7年東京美術学校教授。アララギ派の歌人でもあった。

一休宗純が江州堅田の祥瑞寺、華叟宗曇和尚を慕って教えを乞うたが許されず、やっと許可が出た。ある夕べ、一休が漁舟で座禅中、烏が鳴くのを聞いて豁然として大悟した瞬間を描いたもの。


近代日本画一覧

青緑西園雅集図
春秋山水
堅田の一休
寿老人
柳桜図
スオミ