住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代洋画 > グレーの森

グレーの森

浅井 忠〔安政3年(1856)~明治40年(1907)〕  明治34年(1901)
紙本水彩 縦34.8㎝ 横24.4㎝

江戸木挽町の佐倉藩邸に生まれる。明治9年国沢新九郎の画塾・彰技堂に入門、同年、工部美術学校のアントーニオ・フォンタネージに学ぶ。小山正太郎、松岡寿、山本芳翠、五姓田義松らがいた。22年小山、松岡らと明治美術会を創設、明治美術会第1回展に「春畝」他を出品する。31年東京美術学校教授。33年~35年フランス留学、グレー村で油彩、水彩画の傑作を制作。36年聖護院洋画研究所を創設、39年同研究所が発展的解消を遂げ、関西美術院が開院、初代院長。黒田清輝と並ぶ明治洋画壇の第一人者。

「グレーの森」は、春まだ浅いグレー村の古代遺蹟を描いた作、芽生え始めた樹木や石壁が濠に反映を映し、水彩画の優美なタッチを満喫させてくれる抒情的な世界である。


近代洋画一覧

グレーの森
こだま
幸ある朝
読書の後
二人麗子図(童女飾髪図)
モンソー公園