住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代洋画 > 幸ある朝

幸ある朝

藤島武二〔慶応3年(1867)~昭和18年(1943)〕  明治41年(1908)
カンバス油彩 縦148.5㎝ 横93.5㎝

鹿児島に生まれる。明治23年曾山(大野)幸彦の画塾に入門、翌年山本芳翠の生巧館画学校に入学。29年黒田清輝、和田英作らと白馬会創設、明治美術界に新風を吹き込んだ。同年東京美術学校、38年~43年文部省留学生として欧州留学、国立美術学校専科に入り、フェルナン・コルモンの指導を受ける。43年東京美術学校教授となる。45年岡田三郎助と本郷洋画研究所を設立する。大正13年帝国美術院会員、昭和9年帝室技芸員となる。12年第1回文化勲章を受章。浪漫的、装飾的画風を開拓した。

鎧戸越しに差し込む朝日、その窓辺に佇む若い女性は、手にしたものを読んでいるが、机の上の本には封筒が掛けられている。そう恋人からの手紙である。女性の頬は微笑んでいる。「幸ある朝」の所以である。


近代洋画一覧

グレーの森
こだま
幸ある朝
読書の後
二人麗子図(童女飾髪図)
モンソー公園