住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代洋画 > こだま

こだま

和田英作〔明治7年(1874)~昭和34年(1959)〕  明治35年(1902)
カンバス油彩 縦126.5㎝ 横92.0㎝

鹿児島県肝属郡垂水村に生まれる。明治25年曾山(大野)幸彦の画塾に入門、翌年原田直次郎画塾・鐘美館に入門。27年黒田清輝、久米桂一郎の天真道場に入門する。29年白馬会創立に参加。33年から36年文部省留学生として欧州留学、36年東京美術学校教授。大正8年帝国美術院会員、昭和7年東京美術学校校長、9年帝室技芸員、12年帝国芸術院会員となる。15年法隆寺金堂第5号壁画模写に従事、模写時の蛍光灯照明導入は、和田の提案による。18年文化勲章受章。26年文化功労者となる。重厚な写実と抒情性を合わせもった作風である。

「こだま」は、ルーブル美術館の古代彫刻室で体験した不思議な共鳴現象が画因である。画面では、響きを聞き取るために両手を耳にかざしているが、異様に見開いた眼が印象深い。設定は異なるが、ムンクの「叫び」を思い起こさせる。


近代洋画一覧

グレーの森
こだま
幸ある朝
読書の後
二人麗子図(童女飾髪図)
モンソー公園