住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代洋画 > 読書の後

読書の後

山下新太郎〔明治14年(1881)~昭和41年(1966)〕  明治41年(1908)
カンバス油彩 縦89.6㎝ 横62.3㎝

東京府豊島郡日暮里町に生まれる。明治34年藤島武二に師事、37年東京美術学校卒業。38年から43年渡欧。43年第4回文展で初入選。大正3年石井柏亭らと二科会を創立。昭和6年から7年渡仏。アカデミー・ド・ラ・グランド・ショーミエールのラファエル・コランに師事し、後にエコール・デ・ボザールに入学、フェルナン・コルモン教室で学ぶ。42年「読書」「読書の後」がサロンで入選。10年帝国美術院会員、11年石井柏亭、安井曾太郎らと一水会を創立、12年帝国芸術院会員、30年文化功労者。ピエール=オーギュスト・ルノワールの影響を受けた美しい色彩感が見所である。

ソファーに坐して読後の感慨に耽る女性には、どこかアンニュイな感が漾っているが、この心理描写が見事である。背後の窓辺からの逆光の光を受けた色彩感が美しいが、ここからは、ルノワールからの影響を直接読み取ることが出来る。


近代洋画一覧

グレーの森
こだま
幸ある朝
読書の後
二人麗子図(童女飾髪図)
モンソー公園