住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代洋画 > 二人麗子図(童女飾髪図)

二人麗子図(童女飾髪図)

岸田劉生〔明治24年(1891)~昭和4年(1929)〕  大正11年(1922)
カンバス油彩 縦89.6㎝ 横62.3㎝

東京市京橋区に生まれる。父は、明治の先覚的新聞記者、岸田吟香。明治41年葵橋洋画研究所で黒田清輝に学ぶ。43年第4回文展に初入選。ピエール=オーギュスト・ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン、マティスに感銘し、45年白樺派同人と親交を結ぶ。同年斎藤与里呼びかけのヒュウザン会結成に参加。大正2年第2回ヒュウザン会展に後期印象派風の「自画像」等を出品、この頃から「首狩り」「千人斬り」といわれた肖像画を描く。3年頃から後期印象派風画風から離れ、デューラーや北方ルネサンス風を加味した独自の写実画風へ移行。4年劉生を中心に草土社を結成。写実と「内なる美」の統一を目指す「写実的神秘派」として完成度の高い静物画を描く。7年から麗子、於松のシリーズ制作が始まる。11年春陽会創立に際し、客員として参加。後半は、宋・元画、初期肉筆浮世絵に親しむ。昭和4年満州に滞在、帰路の山口県徳山町で急逝。

「二人麗子像(童女飾髪図)」は、著名な「麗子」シリーズの一作、ただ麗子を二人とした点が異色である。着物、磁器、柘植の櫛などの質感が巧みに実在感をもって表現されているが、シュルレアリスムの雰囲気がある。


近代洋画一覧

グレーの森
こだま
幸ある朝
読書の後
二人麗子図(童女飾髪図)
モンソー公園