住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代陶芸 > 重文 葆光彩磁珍果文花瓶

重文 葆光彩磁珍果文花瓶
重文 葆光彩磁珍果文花瓶

板谷波山  大正6年(1917)
高51.0㎝ 胴径39.8㎝

板谷波山(1872~1963)は、近代日本を代表する陶芸家として知られる。明治27年(1894)年東京美術学校卒業後、石川県工業学校赴任時に陶磁の研究を始める。昭和9年(1934)に帝室技芸員に選ばれ、昭和28年には陶芸家として初の文化勲章も受賞。本作品は大正6年(1917)の第57回日本美術協会展で一等賞金牌を受賞した波山の代表作。胴部三方の窓に、桃・枇杷・葡萄を盛った籠、その間に相対する鳳凰・羊・魚を薄肉彫りで立体的に表現し、全面には波山独自の艶消しの「葆光釉」をムラなくかける。東洋的な図柄が葆光釉の淡い色彩で幻想的に浮かび上がり、気品高い作品に仕上がっている。

近代陶芸一覧

重文 葆光彩磁珍果文花瓶
彩磁更紗花鳥文花瓶
孔雀香炉
色絵金彩犬張子香合
巌上白鷲置物
青磁切立香炉