住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代陶芸 > 孔雀香炉

孔雀香炉

宮川香山  明治時代~大正時代
高18.4㎝ 胴径15.8㎝

宮川香山(1842~1916)は、京都の陶工真葛家に生まれる。明治の初めに横浜で輸出用の装飾性の強い陶器を製作していた。しかし輸出が頭打ちになると、新旧の陶磁器や釉薬の研究を行い、芸術性豊かな作品を作り上げ高い評価を得た。本作品は京焼の名工、仁清を意識した香炉。羽を広げた孔雀の造形には陶技の確かさが感じられ、金と青緑の絵付が華麗な趣を添える。仁清作品の本質を捉えた優品といえよう。底の銘も仁清風の小判形となっている。明治29年(1896)の帝室技芸員任命後の作品である。

近代陶芸一覧

重文 葆光彩磁珍果文花瓶
彩磁更紗花鳥文花瓶
孔雀香炉
色絵金彩犬張子香合
巌上白鷲置物
青磁切立香炉