住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 近代陶芸 > 青磁切立香炉

青磁切立香炉

初代諏訪蘇山  大正4年(1915)
高7.3㎝ 口径8.2㎝ 底径4.3㎝

初代諏訪蘇山(1852~1922)は、金沢に生まれ九谷で製陶にたずさわるが、のち京都に出て、明治40年(1907)五条坂に窯を構えて独立した。青磁を得意とし、「蘇山青磁」と呼ばれる優れた作品を多く製作したが、本例もその一つ。淡く澄んだ色合いが美しい小香炉で、金工家佐野公勝の手になる菊花形の銀製火屋がつく。大正4年(1915)に京都岡崎で開催された大正天皇即位大礼記念の京都大典記念博覧会に出品された。

近代陶芸一覧

重文 葆光彩磁珍果文花瓶
彩磁更紗花鳥文花瓶
孔雀香炉
色絵金彩犬張子香合
巌上白鷲置物
青磁切立香炉