住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 仏教美術 > 舎利石函

舎利石函

唐時代
通高64.9㎝ 長61.4㎝ 幅45.4㎝

釈迦の火葬骨である仏舎利を納めた容器で、石函の内に大小二つの金銅製棺槨を入子としたもの。最外容器の石函は、身蓋ともに四面全面を線刻で満たす。正背面中央には、豪華な装飾を施した門扉、その左右には十大弟子(蓋正面左右)、供養する風情の唐の皇帝及び周辺各国王の姿(身部四周)及び仏伝の各場面(蓋部背面、側面)を表現している。類例の少ない図像構成で、当時の仏教信仰だけではなく唐と周辺各国との交流を知る上でも貴重な価値をもっている。

仏教美術一覧

重文 鍍金弥勒仏立像
銀象嵌仙盞形水瓶
国宝 線刻仏諸尊鏡像
重文 木彫阿弥陀如来坐像
舎利石函
鍍金舎利槨