住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 仏教美術 > 鍍金舎利槨

鍍金舎利槨

唐時代
通高30.1㎝ 長43.7㎝

石函内に収納されていた棺槨は、いずれも前方を高くかつ幅広くつくる。この形は、中国における現実の葬具と同じで、この点に中国舎利信仰の独自性を見ることができる。小さい棺は素文であるが、大きい槨の方は卍くずしの欄干と5体の天王像(基壇部周囲)、五尊像(前面上部)、伎楽天像(側面)宝相華文(蓋)などの装飾をバランスよく施した豪華なつくりとなっている。浄土を彷彿させるような装飾意匠で、唐時代の舎利信仰の盛大さが偲ばれる。

仏教美術一覧

重文 鍍金弥勒仏立像
銀象嵌仙盞形水瓶
国宝 線刻仏諸尊鏡像
重文 木彫阿弥陀如来坐像
舎利石函
鍍金舎利槨