住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 茶・香道具 > 小井戸茶碗 銘六地蔵

小井戸茶碗 銘六地蔵
小井戸茶碗 銘六地蔵

朝鮮時代
高7.9㎝ 口径13.7㎝

小堀遠州遺愛の小井戸茶碗として知られ、京都の六地蔵で入手したことが銘の由来とされる。やや小振りで総体は明るい枇杷色で、高台周辺にはカイラギがあり、明るく変化に富む釉調の妙が見所である。明治23年(1890)に住友家第十二代友親が入手したが、存命中はこれを使う機会を得なかった。大正8年(1919)に十五代春翠が催した追善茶会で久しぶりにこの茶碗が登場し、改めて小井戸茶碗第一の名碗として認識されることとなった。


茶・香道具一覧

小井戸茶碗 銘六地蔵
紅葉呉器茶碗
唐物文琳茶入 銘若草
白鶴香合
香木 銘 紅葉賀(六十一種名香)
藤棚蒔絵十炷香箱