住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 茶・香道具 > 紅葉呉器茶碗

紅葉呉器茶碗
紅葉呉器茶碗

朝鮮時代
高8.6㎝ 口径13.4㎝

やや薄作りで、胴がたっぷりとした椀形で、裾広がりのやや高めの撥高台の強い張りに支えられる。総体は紅葉を連想させる淡紅色を呈すが、側面には、斜めに四ヶ所、高台にも一ヶ所、釉の掛けはずしが見られる。紅葉呉器随一の名碗として知られ、この大阪の加島屋広岡家伝来の茶碗を含め鴻池・平瀬家に伝わった紅葉呉器茶碗を浪花の三名物と呼び、その名碗比べを行った逸話が残る。内箱蓋裏には円窓内に山水画が描かれ、松花堂昭乗筆と伝えられる。


茶・香道具一覧

小井戸茶碗 銘六地蔵
紅葉呉器茶碗
唐物文琳茶入 銘若草
白鶴香合
香木 銘 紅葉賀(六十一種名香)
藤棚蒔絵十炷香箱