住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 茶・香道具 > 白鶴香合

白鶴香合

仁清  江戸時代
高14.4㎝

京焼の陶工、仁清は有名な雉香炉をはじめとして、鳥をモチーフとした彫刻的な作品をいくつか残しているが、本作品もその一つ。うずくまり、わずかに首をひねって前を凝視する鶴の一瞬の姿をとらえた大型の香合。全体に玉子色がかった白釉をかけ、首及び羽根先と足に淡墨を、頭頂に朱と金彩をわずかに点じ、金銀彩を多用する仁清の作品の中では簡素な表現だが、色彩を効果的に用いる。蓋裏と底は露胎で、盆付に「仁清」の小印を捺す。


茶・香道具一覧

小井戸茶碗 銘六地蔵
紅葉呉器茶碗
唐物文琳茶入 銘若草
白鶴香合
香木 銘 紅葉賀(六十一種名香)
藤棚蒔絵十炷香箱