住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 能楽 > 紅白萌葱黄段青海波笹梅桜模様唐織

紅白萌葱黄段青海波笹梅桜模様唐織

江戸時代
丈145.0㎝ 裄72.6㎝

唐織は、主として女性が着用するため、華やかな意匠のものが多い。これは紅白萌黄の段替わりの綾地に左右に流れる青海波を織り表し、その流れに沿って隅笹を垣根のように配し、さらにその隅笹に囲まれた中に咲き競う梅と枝垂桜を交互に置くという意匠である。青海波は金緯、隅笹・梅・枝垂桜は多彩な色糸の縫取織で織り表す。地色の段にこだわらずに斜めに流れる青海波と隅笹の動きのある表現が印象的な唐織である。

能楽一覧

白色尉
小面
猩々
狐
紅白萌葱黄段青海波笹梅桜模様唐織
白紫段海松貝入子菱繋唐花模様厚板