住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 能楽 > 白紫段海松貝入子菱繋唐花模様厚板

白紫段海松貝入子菱繋唐花模様厚板

江戸時代
丈144.0㎝ 裄72.8㎝

厚板は主に男役に用いるため、意匠も大柄で力強いものが多い。これは地色を白・紫の二色に染め分け段替わりとし、白地には海松貝文(海草の一種である海松に貝をあしらった文様)や海老をあしらい、紫地には入子菱繋模様に大きな唐花を二つ配す。白と紫の配色と全く趣の異なった文様構成で、変化に富んだデザインを作り上げている。また文様の一部には金の摺箔も施されており、重厚さの中に華麗な趣も加わった作品となっている。

能楽一覧

白色尉
小面
猩々
狐
紅白萌葱黄段青海波笹梅桜模様唐織
白紫段海松貝入子菱繋唐花模様厚板