住友コレクション 泉屋博古館

収蔵品紹介 > 能楽 > 狐

狐

江戸時代

狂言「釣狐」の後シテに用いる狐の面で、前シテに用いる白蔵主の面とセットをなす。鼻筋が大きくせり出した立体的な造形で、下顎は切顎で作る。狂言は「猿にはじまり狐に終わる」と言われ、「釣狐」を演じることは修行の仕上げとしての意味をもつというが、それにふさわしく端正な作りの面である。面裏は茶漆を塗り、左下に「春章」二字の焼印がある。秋田藩主の佐竹家に伝来した。

能楽一覧

白色尉
小面
猩々
狐
紅白萌葱黄段青海波笹梅桜模様唐織
白紫段海松貝入子菱繋唐花模様厚板