住友コレクション 泉屋博古館

東京六本木

特別展 小川千甕 縦横無尽に生きる

 江戸時代初期、佐賀県・有田の地において日本で初めて磁器が作られ、国内のみならず、ヨーロッパ各国の王侯貴族を魅了する華やかで精緻な製品を数多く制作してきました。
 明治時代に貿易が自由化されると、細やかな絵付けと精緻な技巧を凝らした有田磁器は、1873年(明治6年)開催のウィーン万国博覧会で好評を博し、その後も世界各国で開催された博覧会を中心に絶大な人気を誇りました。巨大な花瓶や再現不可能と言われる細密描写には、当時の職人達の超絶技巧が生み出したわざの美を感じることができます。
 国内でも、近代日本初の迎賓施設である延遼館(えんりょうかん)、鹿鳴館(ろくめいかん)や明治宮殿など、国内外のお客様をもてなす場で用いられた有田焼洋食器は、饗宴に華を添えました。器の精巧さ、絵付けの細やかさ、いずれも当時の日本最高峰の技術が凝らされています。
 また、明治時代に描かれた有田焼のデザイン画を初公開致します。デザイン画に基づいて製作された作品と共に御覧頂く、大変貴重な機会でもあります。日本で最初の会社組織として注目を集めた「香蘭社(こうらんしゃ)」の歴史、幻と言われた「精磁会社」の名品、明治後期に誕生した「深川製磁」など、明治有田の逸品とともに、本展により、有田の歩みを辿ることが出来るでしょう。明治時代、世界を魅了した華麗なる作品の数々から、明治有田の魅力をご紹介致します。

主な展示品(予定)
有田
《染付蒔絵富士山御所車文大花瓶》
1873(明治6)年

有田ポーセリンパーク蔵

香蘭社(辻勝蔵)
《色絵菊花流水文透台付大花瓶(対)》
  1876(明治9)年頃   個人蔵
精磁会社
《色絵鳳凰花唐草文透彫大香炉》
  1879(明治12)年~1897(明治30)年頃  

個人蔵

香蘭社
《色絵有職文耳付大壺》
  1875(明治8)年~1880年代   個人蔵
香蘭社
《色絵麒麟花喰鳥文鳳凰形トレイ・コーヒーセット》
  1875(明治8)年~1880年代  

株式会社賞美堂本店蔵

精磁会社
《金彩パルメット桐文チュリーン》
  1879(明治12)年~1897(明治30)年頃  

個人蔵

香蘭社
《染付藤文洋食器》
  1910(明治43)年頃   公益財団法人立花家史料館蔵
開館時間の変更や臨時休館を行うことも予想されますので、念のためお出かけの前に当館HPやハローダイヤル(03-5777-8600)にてご確認ください。