住友コレクション 泉屋博古館

京都鹿ヶ谷

企画展の概要

秋季企画展「うるしの彩り -漆黒と金銀が織りなす美の世界」

日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」があり、室町時代には中国画をもとにした「狩野派」が出て一世を風靡します。江戸中期には京にいた円山応挙がリアルな表現を導入した写生表現を打ちたて「円山四条派」の祖となり、さらに中国の明清時代の「文人画」も将来され、画譜などの出版メディアによって文人画風が流行します。近代には、そうした伝統的な諸流派は美術学校という教育システムのなかで継承されながらも解体され、「個性」を重視した個別の描法が絵画表現の中心になります。
本展は、住友家に伝わった近代日本画の名品を、画家の筆ぐせからご鑑賞いただく展覧会です。明治後期から昭和にかけて、大阪や京都、東京にあった住友家の邸宅では、それぞれの地域の画壇に所属する日本画家たちの作品がかけられ、目を楽しませていました。
近代の日本画家たちの筆ぐせが創った個性的な作風を紹介します。

主な展示品

菊池容斎《桜図》

 

弘化4年 (1847)

 

泉屋博古館分館

森 琴石《山水図》

 

明治30年 (1897)

 

泉屋博古館分館

富岡鉄斎《古柯頑石図》

 

明治45年 (1912)

 

泉屋博古館分館

竹内栖鳳《禁城松翠》

 

昭和3年 (1928)

 

泉屋博古館分館

山田秋坪《柘榴花白鸚鵡図》

 

大正9年 (1920)

 

泉屋博古館分館

上島鳳山《十二ヶ月美人 六月》

 

明治42年 (1909)

 

泉屋博古館分館

東山魁夷《スオミ》

 

昭和38年 (1963)

 

泉屋博古館分館

山口蓬春《如月》

 

昭和14年 (1939)

 

泉屋博古館分館

小林古径《人形》

 

昭和14年 (1939)

 

泉屋博古館分館

 

インフォメーション

展覧会名

絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画

主催

公益財団法人泉屋博古館、京都新聞

後援

京都市/京都市教育委員会/京都市内博物館施設連絡協議会/公益社団法人京都市観光協会

会場

住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
075-771-6411(代)

会期

平成30年5月26日(土)~7月8日(日)

開館時間

午前10時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日

入館料

一般800円/高大生600円/中学生350円 (小学生以下無料)
※企画展・青銅器館両方ご覧いただけます
*20名以上は団体割引20%、障害者手帳ご呈示の方は無料

イベント

いずれも入館料が必要です
◆ギャラリートーク
5/26(土)14:00~ ナビゲーター:野地耕一郎(泉屋博古館分館 分館長)


◆ゲストトーク
6/9(土) 14:00~ ゲスト:大野俊明氏(日本画家・京都市立芸術大学 特任教授)

6/30(土)14:00~ ゲスト:竹内浩一氏(日本画家)

◆青銅器ギャラリートーク
6/23(土) 14:00~ ナビゲーター:廣川守(泉屋博古館副館長)

交通

■京都市バス
(5)(93)(203)(204)系統 「東天王町」下車、東へ200m角
(32)(100)系統「宮ノ前町」下車すぐ

◎JR・新幹線・近鉄電車 京都駅より
(5)(100)系統

◎阪急電車 河原町駅より
(5)(203)(32)系統

◎京阪電車 三条駅より
(5)系統

◎地下鉄烏丸線 丸太町駅より
(93)(204)系統

お問合先

泉屋博古館本館 SEN-OKU HAKUKOKAN MUSEUM, KYOTO
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
075-771-6411(代)