住友コレクション 泉屋博古館

京都鹿ヶ谷

過去の展覧会

泉屋博古館 水墨画アラカルト

◇類いまれな仏教絵画の世界
高麗王朝後期(13―14世紀)に生み出された類いまれな仏教絵画、それは王朝貴族の高い美意識と篤い信仰心の結晶でもありました。阿弥陀如来、観音菩薩をはじめとするみほとけは、柔和な表情、繊細な衣の文様、温雅な色彩など気品と善美に満ちています。見る者の目を奪う華麗な装飾〔荘厳〕は仏の徳を表すものでした。新羅以来の伝統に唐から宋、元、さらに遼や西夏など、多様な大陸文化を飲み込み、深みある世界を醸した高麗人の心の豊かさがおおらかなみ姿から感じられるようです。
東アジア絵画史のなかでも独特の光彩を放ち、近年高く評価される高麗仏画ですが、現在その数は世界にわずか160点あまり。本展ではながらく国内でまとめてみる機会のなかったその名品が一堂に集います。修復後初公開となる重文《水月観音像(楊柳観音像)》(泉屋博古館蔵)を中心とした調査から細心緻密な技巧に肉迫、朝鮮半島に花開いたしられざる荘厳の美の秘密をも探ります。(一部展示替えがあります。)

 

◇よみがえる観音~《水月観音像》の修理後初公開
《水月観音像(楊柳観音像)》(重文 泉屋博古館蔵)は、静謐なその姿の美しさのみならず、落款から1323年に宮廷画家の徐九方によって制作されたことが知られることから、研究上の貴重な資料とされています。泉屋博古館では、画面の折れや亀裂など劣化が進んでいた《水月観音像》の全面解体修理を2013年から2年間にわたり実施しました。文化庁の指導のもと、国宝修理所での細心の施術により完成した姿を初めて披露します。よみがえった観音の輝き、奥行ある明澄な空間を心ゆくまでお楽しみください。

 

◇超高精細!京大開発、4Kで楽しむ高麗仏画
《水月観音像》修理の際の調査では最新の科学分析ももちい、絵具や画絹などの素材、そして技法について新たな発見がありました。ことに修理の際にしか見られない裏面からの彩色について克明に記録したことが注目されています。京都大学工学研究科で開発された高精細画像撮影・鑑賞システムにより、4Kモニターで細部にいたる美麗な仏画の画像を、ご来館のみなさまに自由にご覧いただきます。

 

主 催

公益財団法人泉屋博古館、毎日新聞社、京都新聞

特別協力 公益財団法人 根津美術館
助 成 芸術文化振興基金、公益財団法人花王芸術・科学財団
後 援 京都市、公益社団法人京都市観光協会、

主な展示品
    観経十六観変相図 薛冲・李□筆   1323年   京都 知恩院(11/311/20
京都府指定文化財   弥勒下生変相図   1294年   京都 妙満寺
神戸市指定文化財   毘盧舎那仏変相図   14世紀   兵庫 個人(11/2212/4
重要文化財   阿弥陀如来像   1306年   根津美術館
    阿弥陀如来像 自回銘記   1286年   団体所有             
重要文化財   阿弥陀如来像   14世紀   京都 正法寺
堺市指定文化財   阿弥陀三尊像   13~14世紀   大阪 法道寺
    阿弥陀八代菩薩像 佰全筆   14世紀   京都 浄教寺
重要文化財   水月観音像   14世紀   京都 大徳寺
重要文化財   水月観音像 徐九方筆   1323年   泉屋博古館
    水月観音像   13~14世紀   大和文華館
    五百羅漢図   14世紀   京都 知恩院(11/311/20
重要文化財   紺紙金字大宝積経 巻第三十二   1006年   京都国立博物館(11/311/20
重要文化財   螺鈿牡丹唐草文経箱   14世紀   北村美術館
重要文化財   青磁陰刻蓮華唐草文浄瓶   12世紀   根津美術館

特別展「高麗仏画-香りたつ装飾美」は泉屋博古館と根津美術館の共同企画です。
会場により異なる作品が出品されます。 二館の全展示品リストはこちら