展覧会情報

休館しています

次回展覧会 2018年2月24日(土)~ 4月8日(日)

生誕140年記念特別展「木島櫻谷」PartⅠ 近代動物画の冒険

休館しています

次回展覧会 2018年3月3日(土)~5月6日(日)

春季展「付属品とたのしむ茶道具-千宗旦から松平不昧まで、江戸時代の茶人の書とともに」

併催:青銅器館 「中国青銅器の時代」

お知らせ

二条城行幸図屏風 公式ガイドブック販売中!

株式会社サビア × 泉屋博古館 の完全オリジナル。

通信販売でも購入できます。

公式ガイドブック 『二条城行幸図屏風の世界』 税込 2,160円

特別展「木島櫻谷」PartⅠ近代動物画の冒険 前売券のご案内

イープラス(e+)で前売券を販売しています。

https://eplus.jp/ath/word/118479

販売期間:2018年2月13日(火)~4月7日(土)

有効期限:2018年2月24日(土)~4月8日(日)

・図録付き前売券 2,600円 ・券のみ 800円 ・券のみ(スマチケ) 800円 

※すべて税込価格。券のみは通常一般料金と同額、割引はございません。

図録付き前売券をご購入の方は、会期中館内ショップカウンターにて半券と引き換えになります。

スマチケについて詳しくはこちらをご覧ください。

http://eplus.jp/sys/web/s/spticket/index.html

生誕140年記念特別展「木島櫻谷」 巡回のお知らせ

生誕140年記念特別展「木島櫻谷」 分館への巡回予定は下記の通りです。公式図録はこちらの展覧会会期中に店頭販売いたします。

 Part I 近代動物画の冒険 2018年2月24日(土)~4月8日(日) 休館日:月曜日
  写実的な動物画で知られる木島櫻谷(このしま おうこく 1877-1938)。
  野生の輝きを持ちつつ、どこかもの言いたげでやさしい眼差しの動物たちを多く描きました。
  櫻谷が使った絵具や新出資料を多数まじえて紹介します。 
  *おもな展示品:「寒月」「かりくら」「角とぐ鹿」「熊鷲図屏風」「獅子虎図屏風」ほか

 Part II 木島櫻谷の「四季連作屏風」+近代花鳥図屏風尽し 
 2018年4月14日(土)~5月6日(日) 
休館日:月曜日(4/30は開館、5/1(火)休館)

  15代住友吉左衞門(春翠)が大正期に新たに造営した茶臼山本邸の大広間を飾るため、
  木島櫻谷に依頼して制作された「四季連作屏風」を一挙公開。
  また、同時代の花鳥画の名手たちによる屏風作品も併せて展示し、
  「飾り」としての絵画の楽しみ方を提示します。
  *おもな展示品:「柳桜図」「燕子花図」「菊花図」「雪中梅花図」ほか


BSフジ「よみがえる京都画壇の巨匠=木島櫻谷~近代動物画の魅力!」フォローサイトができました

10月28日に放送されたBSフジ「よみがえる京都画壇の巨匠=木島櫻谷~近代動物画の魅力!」の番組を追体験できるページができました。見逃された方、もう一度味わいたい方、是非ご覧下さい!
制作:株式会社Zeppライブ
http://www.zepplive.co.jp/press/20171109_konoshima.pdf

「典雅と奇想 明末清初の中国名画展」 公式図録の販売について

「典雅と奇想 明末清初の中国名画」 
板倉聖哲・実方葉子・野地耕一郎 編
発行 東京美術 価格2,200円(+税)

2017年11月20日発行 出展作品全54点カラー図版・作品解説、
論考・作品・作家解説・年表・地図も収録、全120頁
詳細については東京美術のHPにてご確認ください。

Amazonなどネット書店でもご購入いただけます。

「木島櫻谷-近代動物画の冒険」図録の販売について

本展覧会は東京・六本木一丁目の泉屋博古館分館へも巡回いたします。

京都 平成29年10月28日(土)~12月3日(日)

東京 平成30年2月24日(土)~4月8日(日)

本展図録の通信販売は、平成30年2月24日より開始いたします。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

泉屋博古館分館に ご来館のお客さまへお願い

 

泉屋博古館分館では、ご来館のみなさまがここち良くご観賞いただけるとともに、美術品に

とりましてもより良い環境を保つため、以下の通り、みなさまにご協力をお願い申し上げます。

 

■当館に駐車場と駐輪場はございません。公共交通機関でのご来館をお願い致します。

■館内は美術品保護のため照度、温湿度を一定に設定しております。

■館内での飲食・喫煙お断りいたします。外部から飲料・食料類のお持ち込みもご遠慮ください。

■無料の給茶器(湯・冷水・お茶・紙コップ)を設置しております。ホールでのみご利用ください。 

 紙コップの持ち歩きはおやめください。

■展示作品ならびに展示ケースにはお手を触れないでください。

■館内では携帯電話、カメラ、ビデオ、タブレット端末、スマートフォン、音楽プレーヤーなど機器すべての

 機能について操作を固くお断りいたします。

 携帯電話はあらかじめ電源をお切りいただくか、マナーモードに設定をお願いいたします。

■ボールペン・万年筆・毛筆のご利用をお断りしております。

 受付で鉛筆をお貸し出ししますので、お申し付けください。

■ペットを連れてのご入館はご遠慮ください。

 盲導犬・介助犬をお連れの場合は、ご入館のとき受付にお知らせください。

 証明書を拝見いたします。

■車いすをご利用希望のお客様は、受付にお知らせください。

 台数が少ないので、ご予約はお受けできません。また、お待ちいただくこともございます。

■ロッカーをご用意しております。ロッカーに入らない大きなサイズのお荷物は、受付にて

 お預かりいたします。

■緊急時には係員の指示にすみやかにしたがってください。

以上よろしくお願い申し上げます。